MENU

Comments Off on 2016年にフ ィンテックにつ いて知っておく べき20の Fintech news, Hotnews

2016年にフ ィンテックにつ いて知っておく べき20の

screenshot-2016-09-14-15-22-58

6ヶ月間フィンテックに記録的な投資が注目されています。しかし、それは平凡です。「 最後の数ヶ月や四半期や半年にフィンテックに記録的な投資の注目を集めた」みたいな見 出しはマスコミにしか適しません。市場から見ると、急激に発達している新しい業界と同 様にフィンテックは敵しているスピードで発展しています。逆に、フィンテックの開発が 毎年倍増し進まない場合、開発が遅れている場合、4倍に開発した場合、それはニュース になるのはよさそうです。フィンテックの領域と動向を紹介します。

Download Korean , Japanese or Chinese version of a Report

or  Download A Full English Version

I. 市場は毎年倍増し発 展します • それは良くも悪くもなく、普通の 事です。ジャーナリストだけ興味が ある6ヶ月間の取引額と取引数をわ ざと排除しました。それを書くと、 実際に「月の質量は地球の質量の約 81分の1。そのことで市場の専門家 は不安」みたいになります。小さく ても、それはどうした?記録的な取 引額よりもフィンテックに関する現 在最も重要な3つの問題を紹介しま す。 • 「規模」。 世界中ユニコーンの 50社と5000以上のフィンテッ ク系スタートアップの存在にも関わ らず自社の製品やサービスを海外へ すぐに輸出できる会社は世界中30 社だけです。問題は欲望と能力だけ ではありません。世界で複数の市 場では規模向けのBaaS (bank-as-aservice) プラットフォームが利用し ない、現地のパートナーの銀行イン テグレーション為めにAPIが利用しな い、現地の規制方法に基づいて迅速 かつ安価に独立で免許を取得するこ とができません。

• 「ラウンドBの問題」。統計だけで なく、自分の経験でも一つ分野で盛 んになった中会社はすでにお金もた くさん儲けますが、ほとんどの場合 にはまだ損をしています。それから グローバル拡大あるいは製品目録の 拡大が必要です。そのときに、自分 の将来の融資の問題が現れます。今 年この問題は特に重要になります。 • 従って、三つ目の問題は吸収合併 による企業の発展です。このレベル で購入できるサービスの創設者にと ってキャッシュ・エグジット(cash exit)と出来合いのビジネスの購売 は不可能です。この場合には株交換 により団結する必要です。しかし、 どのような価格で、指導者の役割を どうするか、ティームと社風をどう やって維持するなどの変化にスター トアップとともに創設者は常に精神 的に準備ができません。最終的な取 引先と戦略的投資家はこれらのプロ セスを従事するより「パッカー」に 賞金を支払うの方が簡単です。それ は非常に合理的です。「パッカー」 にとって過渡期のために追加資金の 必要性と共にリスクも非常に高いで す。最悪には本来の成功した小会社 もなくなる恐れがあります。

II. フィンテックのスタ ートアップの合併は今 年と来年の主なテーマ になります。 • パートナー条件に一体化されるよ うになりました。 • 今までM&A(バイアウト)取引を 通じての合併が非常に少数ですが将 来だんだん増えることは間違いがあ りません。

• BaaSプラットフォームは非常に少 ないですが、ほとんどの国ではあり ません。公開されているAPIは、市場 での少数の企業しか使いません。し かし、市場がすでに準備ができたよ うであり、これらのインフラストラ クチャの問題を解決せずにフィンテ ックの将来の発展は非常に制限され ることが明らかです。  • 最も重要なことは、市場がフィン テックバンクの話しを始めました。 オンライン銀行に間違わないでくだ さい。オンライン銀行はたいてい口 座の開くことや金額の管理や口座に 契約しているカードの発行や預金の 開設のためのインタフェースを提供 しています。しかし、送金、マイク ロクレジット、P2P及びP2B貸出、 クラウドファンディング、クラウド インベストメント、オンライントレ ーディング、パーソナル・フィナン シャル・マネジメント(PFM)など の金融サービスは幅広いです。近い 将来に誰も小売業や小中企業のクラ イアント向け基本的な製品の10個 以上を提供できません。エグジット の市場の最も戦略は他の要素がある 有利な本業がある大きい銀行やテレ コムネットワークやインターネット 大手会社に自分を売らされることで す。

例えとしたら6から10社まで の有利なフィンテックサービスの合 併によりできたフィンテック銀行の 顧客数や製品や取引量のすごい数を 想像してみてください。選択方法の 単純化とサービスの総合使用の改善 のために使いやすくなるに伴って、 市場の株やリーダの賞金や通貨の手 段やクロス・セリングの上昇、マー ジンと利益の増加、古くなった銀行 の情報技術のインフラストラクチャ ーでの代わりに新たな技術プラット フォームで作られたサービスのイン テグレーションなどのスタートアッ プの多数の問題を解決できます。そ れはテスラと同じです。それはディ ーラーのメンテナンス及びビッグデ ータにより24時間のサポート抜 き、有名なコンツェルンの古いブラ ンドの中の電動モーターだけでな く、ユーザーのために新しい使用経 験を提供する最も新たなサービスの 全く新らしいエコシステムというこ とです。

III.勃興するフィンテッ クの領域 1. オンライン送金 • ほとんどの最大手は6ヶ月間に新 たなラウンドをうまく誘致しまし た。WorldRemitは 45Mドル (総額 192,7Mドル)、Transferwise 26M ド ル(総額117Mドル)、 Remitly 38.5M ドル (総額61Mドル)、Azimo 15Mド ル (前ラウンド20Mドル) 。 • この動向にはプレイヤーが合併を 考えた方がいいと思います。ペイパ ルの指導のもとでVenmo は活発に顧 客数も転回も増加しているし、Western Union のような老舗のプレイヤ ーも諦めません。または、送金のた めに新顧客の誘致も結構高いし、サ ービスのマージンも安いし、プレイ ヤー誰も製品目録の発達も進みませ ん。 • 上述の会社の中でAzimoは目立ち ます。まずは、Viberメッセンジャ ーのオーナーであり、日本の最大手 の楽天は投資の新たなラウンドを開 始しました。しかも米国の市場とミ レニアルズの誘致のために競争して いる者サービスの中でAzimoに将来 の発展のためにアジア及び非銀行利 用者がターゲットとして選ばれまし た。

• ーシャル送金に対してWeChat以 外一つのメッセンジャーも客数及 び取引高の優れた指数を表示しま せん。WeChatは中国のみ人気があ り、他の中国の人気があるサービス と同様に海外への規模の問題があり ます。確実に言えないですが、チャ ットボットの発展は送金業務の中で 良さそうな見通しを立ちます。Telegram はようやくブロックチェーン に基づいて送金サービスを始めるか どうか、IPO Line が成功するかどう か、Snapchat は送金の機能にPFM のようなLearnVest及び Robinhood のようなオンライントレーディング を加えるかどうか、次の6ヶ月間は 楽しみです。アジアの送金市場はど うなるか興味深いです。アジアには 人気がある現地のメッセンジャーや 非銀行利用者もスマートフォンも多 いです。ビジネスメッセンジャーの Slackの勃興を見ると、ビジネスの重 要性が分かります。最近全社のプレ イヤーはP2P送金に集中しています。 けれどマイクロ企業、小企業向けの 送金の経済力もあるし、平均の手数 料も高いし、競争も低いです。

2. 2016年末に携帯 電話の利用者48億人 以上に達することが見 込みます。イーウォレ ットも先行します。 • 3月末、148M人のペイパルの顧客 が口座に13Bドル以上持っています。 銀行預金と比較すると、TD銀行やキ ャピタルワンのちょうど後ろになり ます。スターバックスは、銀行口座 を提供していませんが、ロイヤルテ

ィプログラムアプリのメンバー12M 人は、およそ12億ドルをロードし ました。それはファースト・コモン ウェルス・ファイナンシャル・コー ポレーションとチャールズ・シュワ ブ・コーポレーションが預金を持っ ている以上のことです。 • Venmo とBettermintのサービスと 共にペイパルは2015年度に優れた金 融実績を示し、資金化の指標でeBay に勝りました。2016年の第一四半期 に企業の分離の妥当性は確認されま した。ペイパルは平凡な銀行になろ うとしていませんが、オンラインシ ョッピング際に転回上に商人及び最 終的なリテール顧客向けのクレジッ トなどの新製品の成功は、同社が最 終的に金融サービス業界の大部分を 提供することを目的とすることを示 しています。 • 残りのウォレットは最近製品目録 ではなくて、グローバル拡大に忙し いです。サムスンペイは韓国、米国 に続いて(5M人の顧客、1Bドルの取 引)、スペインとオーストラリアに も進出しました。アップルペイは現 在、毎週1Mのユーザーを接続し、6 カ国(米国、カナダ、英国、オース トラリア、中国、シンガポール)で 利用していて、夏にスイス、フラン ス、香港でサービスを展開していく としています。アンドロイドペイは 現在、毎月約1.5 Mを接続している米 国と英国のみ利用していて、もうす ぐシンガポールとオーストラリアで サービスを開始する予定です。

• 携帯電話のメーカーXiaomiとHuaweiもこのレースに参加して電子財布 の拡大のために潜在的な脅威です。 自社の電子財布の発展以外Xiaomiは ミレニアルズと中小企業のクレジッ トをしようとしているSichuan Hope Bank 29,5%の株式のために115Mド ルを投資しました。可能な市場征服 に対して、サムスンとアリペイは提 携を発表しました。 • 電子財布のための最も急速に成長 している市場は中国とインド、つま り非銀行利用者やスマートフォンの 普及率の高い国です。この国々の主 な問題は海外で人気もなく、規模も 不十分です。この国々の中で、巨大 な国内の潜在にもかかわらず、各四 半期に競争が激化します。 • 60Bドルの評価のアリペイは4,5B ドルの記録的なラウンドを誘致しま した。それはペイパルの資金化より 10Bドル大きいです。アリペイは顧 客の450М人が2倍大きいです。中 小企業をクレジットする銀行支店の MyBankは既にクレジットの20Мを与 えました。同社は顧客の140М人をタ ーゲットとして決めて、保険と資産 管理の新領域にもうすぐ活躍するよ うになると述べました。中国の新制 御政策に基づいて7月1日から中国 銀行カードを持たない顧客はこんな サービスのアカウントでお金の維持 ができないことで海外の発展は困難 になります。海外のユーザーはアリ ババのオンラインショッピングのた めだけアリペイを使用することがで きます。

• 前年末と今年の初めアリぺいはイ ンドの金融財布大手 ペイティーエム (Paytm) の支配権を2つのトランシ ェ(600Mドルと680Mドル)で取 得しました。Paytmは2016年8 月に自社の決済銀行(ペイメントバ ンク)を設立することが見込まれて います。決済と送金のサービス以外 Paytmは保険、資産管理、貸付のサ ービスを提供する予定です。他の銀 行との統合に基づいて、決済銀行は 自由的に貸付の権限がありません。 も一つインドのウォレットモビクィ ク(Mobikwik)は50Mドルの資金を 調達しました。総額は80Mドルに達 しました。現在小売業30Мと小中企 業の75Кを抱えますが、目的は150М と 500К、転回が5Bドルです。 最 近、同社は「口座残高に6%」のキャ ンペーンを述べました。普段、イン ドには4%です。も一つインドのウ ォレットFreeChargeは昨年113M ドルの資金を調達して、続いてEコ マース大手のSnapdeal に400Mドル で買収されました。インドにおける タクシーの予約大手サービスOlaは OlaMoneyウォレットの成長につい て発表しました。市場ではOxigen以 外人気があるウォレット5つ以上が あります。

3. ネオバンクとチャレ ンジャーバンクは英国 のレギュレータの積極  的な支援のおかげで復 活して、成長の新しい レベルを達しました。

• 顧客200К人を抱えるドイツの Number26はラウンドBで40Mドルを 調達しました。300К人以上がいるド イツのFidorは英国で成長を続けてい ます。FidorはWired雑誌による最高 のオンライン銀行に決まりました。 英国のTandem、Mondo、Lootはラ ウンドAに20Mポンド、5Mポンドと 1,5Mポンドよって調達しました。英 国のMondo と Starlinkはちょうど今 15Mポンドと70Mポンドよって調達 していることを報告しました。スウ ェーデンのTinkはラウンドBに10Mド ルを調達しました。 • ただし、Tandem と Mondo は様 々なラウンドにはクラウドインベス トメントサービス軽油1Mポンドづ つ調達しました。これは非常に前向 きな動きです。まず、両方とも銀行 がベータ版であり、あなたのサービ スに関する予備的需要が表示されま す。または、あなたの最初の顧客が 誘致されます。かつ、投資家にとっ て他の投資家からの百万より顧客か らの百万のが大切です。 • 香港ではNeat、ベトナムではTimo と Momo、ブラジルではNubank、 様々なモバイルバンキングが開始さ れました。約500Mドルの評価額の Nubankは52Mドルを調達して、ブ ラジルにとって記録的な指標です。

• ゴールドマンサックス(Goldman Sachs) は「GS bank」自社のデジタ ルバンクの開始を述べました。しか し、その時からプロジェクトについ てこれ以上のいいニュースがありま せんでした。インドでのプロジェク トについて、シンガポールのDBS銀 行は同様の発表をしました。 • しかし、上述のすべてのことは小 売企業向けです。それよりも私は「 中小企業(SME)にシンプルな銀 行」に興味があります。米Simpleを 買収し、英国のAtomに投資したスペ イン金融グループBBVAはフィンラン ド、オーストリア、ドイツに活動し ている中小企業向けのフィンランド オンライン銀Holviを年の初めに買収 しました。似たような銀行Annaはも うすぐ英国にサービスをしようとし ています。こいうソリューションは いつ中小企業が多いアジアに推進す るか興味深いです。

4. オンラインクレジッ トやP2P貸出の優れた成 長も米国でこのサービ スの相場落下に関する 熱中も中国に関係があ ります。 • 前回の熱中はこんなサイトは中国 で2年間に2000以上ができて、 ものすごい投資額を調達するように なりました。今回は中国で業界成長 のスピードを羨む銀行の圧力団体に よる順次倒産と詐欺は世界中の投資 家を興奮させました。しかし、最も 人気があるサービスの一つも倒産と 詐欺に巻き込まれなくて、6ヶ月間 に新しいラウンドに成功しました。 ただし、ピークの際に投資すること は愚劣、成長の初めに投資すること はスマート、一番スマートな投資は 底に飛び出す前の瞬間です。

• しかし詐欺、下手なリスクマネジ メント、デフォルトのせいで中国の サイトの悪いイメージは長く続く ようです。全国内不動産のオーナー はこんなビジネスの代表者に賃貸 を断るようになりました。サイトの EzuboとesuDaiは両方とも倒産しま した。Chinatou.comは顧客にお金の 代わりにお酒での支払いを定義しま した。Jiedaibaoの社員は女子学生に 担保として裸の写真を頼みました。 コマーシャルにアリババのブランド とジャック・マーの名前の使用に対 してアリババは異議を申し立てまし た。しかも、提携もなく、パートナ ーでもありません。このケース二つ にもかかわらず7,8B ドルの会社の株 式評価額で380M ドルの資金が調達 されました。 • 前に言ったように、LendingClub ような米国市場へのクレームは中国 の熱中後の恐怖で発生しました。 または、その成長を妨げるように銀 行がレギュレータに圧力を加えま す。LendingClubの金融実績は他の

銀行より全然いいです。LendingClubはクレジットを提供しながら 製品目録を拡大するに伴って競争の ProsperはPFMに集中しました。 • 中国のオンラインクレジットの Fenqileは235Mドルの新資金を調達 しました。競争のQufenqiの総資金額 は約0,5Bドルです。中国の他のp2p サイトのJunrongdou、Weijinsuo (46Mドル)、Duanrong (59Mドル) も同じように成功しました。香港の WeLabは1Bドルの会社の株式評価額 で160M ドルの資金が調達されまし た。インドと東南アジアにおけるEコ マースの成長のせいでインドネシア のFinAccelとインドのCashCareのよ うなオンライン購入融資のための新 しいサービスが登場しています。フ ィリピンのオンライン質屋PawnHero も新ラウンドを誘致しました。

• 米国のLendUpは運転資金として 100M-150Mドル及びエクイティ( 株主資本)として50Mドルを調達 しました。BillMeLater(2008年ペ イパルで1Bドルで買収された)の 元社長Greg Lisiewskiは、Blispayを 企業して、シードファンディングで 12.75Mドルを調達しました。ドイ ツのKreditechは、103Mドル(11М ドルでIFCを受けた)を調達し、総 投資額は150Mドルです。ドイツの Finanzcheck と Mambuは33Mユー ロと8Mユーロよって調達しました。 米国のPayoffは46,7Mドルを調達し ました。英国のZopaは会社のイメ ージの問題を解決に伴って、Metro bankにインテグレーションしまし た。ラトビアのMintos (P2P)は2Mユ ーロです。

• 学生向け貸出は今まで米国のみ人 気があります。他の国では同じ規模 と成長率が達させられません。AffirmはラウンドDで100Mドルを調 達しました。同社はPFMサービスの Sweepを買収し、今の業界を辞めて その代わりに貸出の他種を試す予定 です。例えば、同社は旅行とイベン トのチケットの貸出のためにExpedia とEventbriteとパートナーになりま した。公開会社SoFiはDon’t Bank 連邦会社も起業して、SoFiの貸出金 ポートフォリオを購入して投資した い方のために別のフォンドも創立し ました。Earnestは112Mドルで自社 の貸出金ポートフォリオを売って、- Goldman Sachsの150Mドルの新貸 出トランシェを誘致しました。CommonBondは運転資金として275M ドルを調達しました。英国とドイツ で活動しているダブリンのFutureFinanceは運転資金として100Mユー ロ及び投資として19Мユーロを調達 しました。米国のClimbCredit (投資 額2Mドル) と LendEDU (学生向け 貸出のためのマーケットプレース) 、インドのBuddy (pre-A ラウンドで 0,5Mドル)は新しいプレイヤーです。

5. P2B貸出とSMEローン、 クラウドインベストメ ントの間の限界は徐 々に消去しつつありま す。それは中小企業の ための資金調達に対し て大規模で急成長して いる業務です。 • 従来にオンライン融資の焦点は完 全に個人顧客でしたが、平均の手数 料も高いし、リスクも低いし、他の 銀行とプレイヤーとの競争もあまり 高くないですから、現在、新規のプ レイヤーの最大数は、中小企業への 融資を考えます。しかし、LendingClub と Zopaのような大手は以前に 個人顧客に集中しましたが、最近中 小企業の市場を見始めます。

• 新しいプレーヤーの多人数にも関 わらず本当に大企業は三つであり、 それは米国の公衆会社のOnDeck、 米国のKabbage とFundingCircleで す。不動産(米国、英国)で集団投 資は急速にクラウドインベストメ ントのサイトを通じて進化していま す。 • 中国ではP2BとP2 Pサイトが多い です。18,5Bドルの評価額の最大手 Lufaxは1,2Bドルを調達しました。 送金サービスと最大手メッセンジ ャーとのWeChatを所有している Tescentと提携している5Bドルの評 価額のWeBankは1Bドルを調達しま した。Eコマースの大手JDの2番大 きいJDFinanceは7,1Bドルの評価額 で同じ投資額を調達しました。小企 業をクレジットする競争銀行支店の MyBankは既にクレジットの20Мを与 えました。

• この一年間東南アジアとインドに サイトがたくさん現れました。- FundedHere、 Crowdo、 Crowdfunder、 CapBridge、 CrowdPlus、 FundingSocieties、 MoolahSense、 Loanzen、CapitalFloat、KredXな どまだ小さいですが、地域の経済に おける中小企業のシェア及び顧客の ための資本の利用可能性を考慮する と、見通しは巨大です。レギュレー ターはこのようなサイトに市場で資 本を利用して他のサイトに配置する ことを妨害するかどうかそれはアジ アの主な問題です。シンガポール、 韓国、日本の市場には資本の剰余及 びリテール顧客に対して非常に低い 預金金利が注目されています。イン

ドネシア、マレーシア、フィリピ ン、インド、ミャンマー、タイなど には中小企業融資のための資本が重 要で、高い金利を支払う意欲もあり ます。資本の移動は銀行に厳しく制 御されています。レギュレーターは 市民に自分の責任においてより高い 金利で他の市場にお金を置くことを 妨害することになるかどうか今年に 見られます。 • スクエア(Square)とペイパルは中 小企業融資のリスクのいい評価モデ ルと優れた結果を表示します。最近 iZettleも Shopifyもスクエアーとペ イパルに合流しました。大規模な顧 客のデータベースのもとで既存のフ ィンテック企業に基づいて貸付サー ビスの提供は次の2年間に見通しで す。 6. ビッグデータとオン ラインスコアリングは 特に非銀行市場で成長 しています。 Lenddoなどのサービスは金融サー ビスの低い浸透、クレジット履歴の 不在、一方、スマートフォンやソー シャルネットワークの普及率の高い 国々の中、ユーザーの行動に関する さまざまなデータを集約し、クレジ ットリスクを推測できるサービスを 提供します。融資のためのデータの 使用に加えて、データの分析はオン ラインショッピングと大量募集の際 に不正監視のために使用されていま す。例えば、インドのP2Pサイトは i-Lendはンドの顧客の分析のために Lenddoの技術を使用するようになり ました。

7. mPOSアクワイアリン グ。低いマージンのせいでこのビジネス はだいたい不採算にもかかわらず、 中小企業のクライアントを安くて上 手に招いていて、その上に大量のデ ータを生成しています。かつ、新製 品のクロスセルする能力も向上さ せ、融資のリスクも下げます。すな わち、中小企業のために素晴らしい 製品目録及び収益の高いビジネスが できるためにマーケティングツール として非常に魅力です。

• スクエアは過剰な資本及び損をま だしていることに対する請求にも関 わらず2015年度高い成長率、アクワ イアリングに関するデータに基づい て中小企業の顧客の貸出成功の優れ た指標を示しました。Square.Cashは Venmoに競合社になれるかどうか大 きいな問題です。しかし、P2P送金よ り中小企業の送金の方が成功の確率 が高いと見られています。同社にと ってオーストラリアは3番目の市場 になりました。スクエアは日本には あまり成功しません。スクエアはよ うやくグローバル展開を初めてXero のようなプレイヤーと共に市場に出 現しました。オフラインとオンライ ンアクワイアリングためにAPIを提供 して外部独立開発者とオンラインア クワイアリング(Square Online Store がShopifyに非常に似ている)との招 くゲームは面白いです。または、同 社は外部のサービスと積極的に統合 するようになりました。そのおかげ でPoynt(中小企業の顧客のための 「app store」による収益化)にたいし て今の立場は競争です。しかし、方 向が両方とも失敗する可能性があり ますけど、共通の傾向を見ると、ス クエアはいつも新しいものを試した り、期待に先んじていることを気づ きます。しかも、スクエアのアイデ ィアの実行も面白くて、徐々に数量 が品質に変わります。スクエアに関 する要求は理由がないと思います。 例えば、名門大学の素晴らしくて有 望な卒業生に40歳の男性の知恵と判 断力を要求するのは愚でしょう。見 込みを考えたら、素晴らしい卒業生 を選びます。同社に発表された傾向 の中には市場にある最もいいPOSマ ネジメントシステムの創立です。し かし、このシステムの結果があまり 見えません。

• ブランドSumUpのもとで統合され たSumUpとPaylevenは100万人の顧 客と約20の市場を抱える会社を成立 して、フィンテック業界の優れた例 になりました。R&Dの費用の削減、 ブランドの強化、「リーダーシップ 賞」などのためにチーム両方の先見 性が尊敬させます。統合された会社 はスクエアの足りない新市場の普及 があります。または、同社の資金化 は非常に公正で合理的ですから、買 収にいいです。一方で、スクエアは 迅速に製品目録を試すスキルと高い マージン(スクエアキャピタルのク レジットのケース)を取得スキルと パブリックステータスがあります。 パブリックステータスのせいで株式 交換は株主のエグジットのために流 動です。 • 前に言ったように、mPOS会社は 外部のサービスと積極的に統合する ようになりました。スクエア以外、 例としてドイツのSumUp(Fidorオンラインバンクと統合)とインドの Ezetap (Paytm と FreeCharge電子 ウォレットと統合)です。 • サービスを通じて取引の売上高に 基づいて中小企業のクライアント の貸出のスクエアとペイパルの成 功に伴って、同じような製品を持つ iZettleとShopifyは市場に参入しま した。

• mPOSを通じて取引のときにレギ ュレーターや決済システムはオンラ インアクワイアリングとしてそれら を考慮することを許したら、この方 向に技術的に有益です。mPOSの際 にも、ウェブサイトでの購入の際に も、スマートフォンやタブレットの アプリにはカードのデータを入力し ます。うまく行けば、海外への規模 のサービスは簡単になります。残念 ながら官僚システムはクライアント の利便性の要望を無視して、「顧客 の安全性保護と企業化の利便性が重 要な課題になっておる」と述べ、妨 害しています。

8. Online-acquiringは、 mPOSと同様に薄利なビ ジネスでありますが、 設備購入や売り手の報 酬などの経費削減が投 資額の減少につながる ため、収益がより高い です。 • 短所としては次のことが挙げら れます。この市場は、「クリチカ ルマス」の影響が非常に大きいで す。PayPal、Braintree(PayPal傘 下、取引高$50B)、Stripe (資本 $5B、23カ国、従業員380人、取引高 $25B、収入$480M)及びKlarna (資本 $2,25B、収入$331M、主にヨーロッ パの18カ国)のメジャープレヤは、他 に比べて、価格設定の好条件がそろ っており、市場全体の大部分を奪っ てしまいます。しかし、このような プレヤでも、警戒を怠ってはいけま せん。アカウント数が225Mである Amazonのような大手会社は、AWS を使ったEコマースプラットフォーム において「Pay with Amazon 」ボタ ンを掲載して顧客用にこの支払いサ ービスを展開するつもりです。 • 長所としては、次のことが挙げら れます。アジア(スマートフォンの 台数やEコマースサービスの展開速 度では世界最大手)、アフリカ、近 東、ラテンアメリカのような市場は, 大手企業に現地化を求めることが多 く、現地のプレヤは着実な展開傾向 を見せています。オーストラリアの PromisePayは少し前に$10Mを、イ スラエルのZoozは$24Mを、インド のTranServは$15Mを、イギリスの GoCardlessは$13Mを、シンガポー ルの2C2Pは$10Mを、中国のPing+ は$10Mをそれぞれぞれ集めまし た。インドで優れた成果を見せてい るAmazonは、(Emvantageのよう な)オンライン獲得サービスへの投 資が活発で、世界最大手市場の一つ において活発的な活動を計画してい ます。

• オンライン獲得は、mPOS に比 べて、どちらかと言えばb2b サービ スであり、顧客にとってブランドと しての魅力がそれ程ありません。こ のカテゴリーのプレヤ自身も、付加 商品への展開を心掛けていません。 それは残念なことです。インドや東 南アジアにおけるEコマースの半分 以上は、オンライン獲得だけでな く、cash-on-deliveryの購入に依存 し、それらは、サービスがオンライ ン獲得と同時にmPOSも提供してい たら、card-on-delivery (Snapdeal がするように)に変わったかもし れません。最小限としては、中小 企業の運転資金(PayPal Working Capital、Kabbage, Ezbob)とその顧 客のオンライン購入の融資(オンラ インストアのオンライン融資をご参 照)が考えられます。最大限として は、wish-listや個人金融計画が考え られます。

9. Online-trading and wealth-managementはよく robo-advisoryに限定され ることが多いですが、 この分野は、実は、も っと多様で興味深いで す。 • もちろん、Wealthfront、Bettermentなどのようなrobo-advisoryサ ービスは、今、他の分野に比べて、 顧客と顧客からの投資を一番多く集 めています。企業価値評価が$700M であるBettermentは、$100Mの新規 投資を集め、PFMに展開するつもり です。Wealthfrontは、さらに、PFM 以外に、金融企業グループを設立 し、転送や融資のサービスを提供す る考えです。 • ここは多様化の可能性が本当にた くさんあります。もちろん、顧客は 自分のお金を株に投資する目的でこちらのサービスを活用しています。 但し、お金は、企業または不動産の クラウドインベストメントを通し て、p2p/p2b/SME基盤において投資 する形でも可能です。これは、商品 ラインアップを拡大するのにとても よい基盤です。 • ミレニアル世代やもっと若い顧客 を対象にしたトレーディングは、非 常に見通しがいい分野です。そのう ち一番有名なのはRobinhoodです。 オーストラリアに進出する噂が流れ た後、このサービスは中国への進出 が決まりました(Baiduと共同で) 。そのやり方を受け継いでいるもの は、世界の各国地で資金調達を実施 しています。SinFigは$40M、Acorns は$30M(全$62M)、 8Securities は$9M、Buxは$6,9M、FeeXは $12M、SprinkleBitは$10M、Vestly は$4M、Moneyboxは$3M、AlgoMerchantは$0,9Mなどです。Ellevestサービスの位置づけも興味深い です。これは女性用の融資サービス で、シードラウンドでは$10Mを調達 することができました。参加者の人 数と金融調達速度から判断すると、 市場が飽和状態になるのはまだ先の ことだと分かります。

IV. 見通しの良い新しい 分野

1. 前は、フィンテック がヒップスターやギー クのみが活用していた ものでしたが、今現在 はFintech for unbankedを選 ぶプレヤの数がますま す増加しています。こ の分野は、市場ポテン シャルの観点や、地球 に住む人々の生活向上 の観点から見ても様々 な可能性が秘められて います。 • Bill and Melinda Gates Foundation基金、World Bankとその子会社 であるIFCは、この分野の普及にかけ がえのない役割を果たしました。財 布のMpesaとBcashもそうでした。 その例を見ると、一番貧困な市場で も、金融や社会の面において、大成 功に達成することが可能であること が分かります。 • 現在はベトナム(IFCが非常に活 発である)、インド(政府は現金の 社会からfintechの社会への切り替え を大いにサポートしている)、ケニ ア(Mkopo Rahisiのような新しいプ ロジェクトが登場し続けている)、 ペルー(政府は国内支払いシステム を構築する予定)、マレーシア(イ スラムバンキングの分野における活 動)、ナイジェリア(OradianとStellarのような転送ブロックチェーンサ ービス、InterswitchのIPOへに進出) 、ミャンマー(Red Dot Networkと ConnectNPayサービスの展開、新し い銀行のライセンス)において展開 活動が活発になっています。 • ザンビアとマラウイにおけるZoona というプロジェクトは、取引件数が $1Bを超え、サービスを受ける一日当 たりの顧客数は1М人であり、販売先 における代理人1500人をもって統合 されています。米国のプロジェクト Branch.com(有名なunbanked-fintechプロジェクトであるKiva.orgの設 立者が発表した)は、シードラウン ドでアフリカにおける融資のために $9,2Mを調達しました。シンガポー ルのNearex企業は、インド、アフリ カ、タイやラテンアメリカにおける 交通手段での支払いシステムを展開 するつもりです。PayPalはunbanked の国におけるスタートアップをサポ ートするプログラムを立ち上げまし た。 • ブロックチェーンが、unbankedの 国におけるフィンテックの展開にお いて、重大な役割を果たすと考えら れます。

2. IoT, O2O, big data, chat-bots • 大企業が積極的に人工知能(Siri等) を適用している中、Amazonは、そ のバーチャル・アシスタントのAlexa を使って、Capital Oneオンライン銀 行と統合して金融分野への適用方法 を示しました。(現在はまだ口座に関 する簡単な操作しかできませんが。) • リテールに見られる進展は、全体 として、オフライン店舗のオンライ ンストアを経由した販売と統合した ショールームとしての変容が必要と されるという、オンライン販売展開 の影響を受けており、アグリゲーシ ョンや顧客に関する様々なデータの 高速処理、様々な環境における以前 の行動に関するデータと具体的な店 舗にいる顧客と見込客のデバイスが 発信するデータの相関、デバイスの 相互作用(BLE、beacons、WiFiを経 由して)に影響を与えています。 • これに関連して、Facebookが発表 したThe Offline Conversions APIと いう新ソリューションは可能性をた くさん持っており、外部開発者が見 込み客やその行動に関するデータを オフラインの世界において所定の販 売員のもとで統括することを可能に します。 • 新しい「ポータブルデバイス」の 登場、その販売増加、そのデバイス が人の行動や健康に関して生成する データの量などから判断すると、デ バイスやその解析データのこのよう な統合は、オフライン(済みませ ん、もうO2O)販売、スマートハウ ス、ロボットやドロンの操作の分野 における新ソリューションに影響す るだけでなく、保健やInsurtech(健康保険、自動車保険など)のような 分野にももっと影響を与えます。

• 昨年末に登場した新発想のチャッ トボットは、今年必要以上に話題に されていますが、この技術とフィン テックサービスの統合は、転送、金 融コンサルティング、オンライン トレーディングなどのように、夥し い潜在力が存在します。このような 多様性のもとにあるのは、実は、自 動化が可能な、繰り返される機能で す。こちらの機能は、人工知能の技 術が可能にする解析と統合され、よ り困難な問題を解決すること、記憶 すること、顧客と一緒に進展するこ とを可能にします。 • こちらの全ての分野は、潜在力を 持っているにもかかわらず、急に成 長するわけではありません。こちら のサービスは全て、構築するのに何 年もの時間が必要であり、私たちも そちらの育成に貢献する必要があり ます。私たちユーザーは、自分たち に関する情報をもっと提供してあげ たり、質問してあげたり、間違いを して頂いたり、その間違いを修正し てあげたりすることによって、これ らのデバイスや技術が私たちを理解 し、必要に応じて私たちの行動を予 言する能力を育ててあげる必要があ ります。この教育過程は、開発者だ けでなく、私たちの率直さ及び私た ちがそれに費やす時間と努力に依存 します。

3. 銀行がOpen APIs 及びBaaSプラットフ ォーム(Banks-as-a- service)を持っている ことは、 出発点及び今後の国際展開の面にお いて、フィンテックスタートアッ プにとって非常に重要です。今現 在は、このようなプラットフォー ムは、数がまだ少なく、Bancorp( 米国)、Fidor(ドイツ、英国) 、BBVA(スペイン、米国)、Wirecard(ドイツ)が挙げられます。ド イツのFinLeapは少し前に、BaaSス タートアップであるSolarisBankを 立ち上げました。今の市場は、数カ 国のライセンスを持っている40API 以上のプラットフォームが必要とさ れます。銀行が自力でそれを構築す る場合は、ものすごい時間と費用が かかります。より合理的なのは、現 存のプラットフォームを活用し、そ れを経由して自分のライセンスとイ ンフラを貸すことです。特にアジ アにおけるこのようなプラットフ ォームは、Amazon用に構築された AWS (Amazon Web Services)と同 じような効果をもたらします。この 効果というのは、Amazon自身にと っての新しい収入(今は収入全体の 60%!)や、市場における新プレヤ にとっての加速効果です。このよう なプラットフォームは、アフリカ、 ミャンマー、ベトナム、ラオス、カ ンボジア、ラテンアメリカのような unbanked市場にとっては特に重要 です。フィンテックスタートアップ がそちらの市場に注目することが可 能になるのは、3-5年後、またはその 他のプラットフォームによってそち らの市場への進出が簡単になる場合 です。

4. Blockchainの潜在力を具 体的な事業として引き 出すことは、blockchain 自体が持っているメリ ットが支障になりま す。この技術は、大衆 により活用される目 的で開発されています が、大衆による活用で ないと、何の得にもな りません。 • プロジェクトの多く(過去半年間 において新しい財布や金融転送のサ ービスもいくつか登場しました) は、商品の実験や調整の段階にあ り、市場に影響を及ぼすことはまだ 遠い先です。一方、Everledgerのよ うに短期間で展開できたプロジェク トがいくつかありますが、その数が 極めて少ないです。

• 今は、blockchainが色々な産業分 野をどのように変えていくかについ ての総合的な理論的推論、bitcoin の人気下降についてのニュース、R3 コンソーシアムとDigital Asset Holdingsという二つのプロジェク トの展開で大騒ぎになっています。 しかし、今までは、ベンチャー企業 において、上下関係にある大手プレ ヤが合意に達成しても何かを構築す ることに至っていません。何か構築 できたら僕にとっては嬉しいことで す。Ripple(RippleLab)をめぐる大騒 ぎも、落ち着いてきましたが、僕が 思うには、この企業は、CR3とDAH が今やろうとしていることにおいて より良い結果を見せました。 • 実用できる成果として挙げられる のは、従来のblockchain技術を改善 し、smart-contractsを適用すること により、決算や転送のためだけでな く、様々な分野の問題の解決のため にも適しているものとなったEthereumプロトコルの活発的な発展です。 開発者の多くは、すぐにそれを高く 評価し、それを基盤に新しいサービ スの構築を手がけました。

• また、Ethereumの開発者はそれ を基盤に自社の融資基金The DAOを 設立し、クラウドインベストメント で$150Mを調達しました。それは特 にユニークなケースです。ただ、悪 質業者の一人は、ルールに違反した り、コードをクラックしたりしない で、ほぼすぐに基金から$50Mを抜 き出しました。人間の道徳から見る と、強盗に等しいですが、コード、 その利用や法律の観点から見ると、 そうではありません。このケースに 対して生じる疑問は、経済的なもの というより哲学的なものであり、本 や映画の台本にでもなる価値が十分 あります。この疑問というのは、私 たちがコードの論理性をどこまで信 用できるのか、そしてコードのルー ルと人間の道徳の間には、ものごと の解釈において食い違いがあった場 合、どうしたらいいでしょうか。

• 一つ明らかであるのは、今は、実 際、この分野が「天使の段階」にあ るから、投資するのにまだ「とても 早い時期」ですが、もうすぐ「遅す ぎる」という時期が来ることだけで す。それに関連して私のほうからお 勧めしたいことがあります。産業分 野への投資は、今始めるのがベストで、収入や急な利益のためでは なく、教育、first insights の目的で 実施しなければならない。後になる と、それをする時間がなく、可能性 を見逃すことになってしまいます。

5. 保険は、不透明で、 仲介者の数が多すぎ る、時代遅れの分野で あり、若いスタートア ッパーがどうしてそれ に目を向けたのがつい さっきだったか分かり ません。Insurtechが比較 的に若い分野であるに もかかわらず、スター トアップの数は150以上 です。 • 今は、price-comparisonまたは bloker-modelのモデルをもとに作 成した、フィンテックから離れた、 広告分野寄りのサイトが一番多いで すが、近いうちに農業事業における リスク、中小企業を対象とした損害 保険、デバイスの相互作用がもとと なるデータベース(loT)及びcyber securityが、主に展開される分野とな ります。 • 一番最初に「のためのUber/Airbnb/Kaya」式のマーケットプレイス を構築し始めた企業では、米国の Lemonadeが一番有名ですが、他の サービスも投資(と顧客)を誘致 することに成功しています。米国 のZebra(Aラウンドで$17M)と PolicyGenious($15M)、インド のCoverfox、スイスのFinanceFox- ($5,5M)がそうです。しかし一番 急激な展開を示すのは、リードジェ ネレーションのモデルではなく、デ バイスが提供する人のライフスタイ ルや健康に関するデータの解析とオ ンラインカウンセリングとの統合と なるでしょう。 • 新規のラウンドで$15,3Mを誘致し たドイツのp2p-insuranceのスタート アップFiendssuranceのモデルが注目 を集めています。Zendrive(Aラウ ンドで$13,5M)、MoovとPrevent のスタートアップは、顧客の運転ス タイルを評価し、その個人にとって もっと適した自動車保険を提案しま す。

• Insurtechとhealthtechの発展には 相関性があって、線引きが難しいで す。例えば、世界25カ国に進出して おり、8М人の顧客がそれを使って診 察予約をするポーランドのDocPlannerサービスは、この間Cラウンドで $20Mを集め(全$34M)、スペイン のDoctoralia(世界20カ国において 顧客数9М人)と合併しました。これ はInsurtechであって、healthtechの 始まりですか。同じく、Zenefits(従 業員や給与管理のサービスを提供す る)をInsurtechとして位置づけてい る理由についても質問が多いです。 (マネタイゼーションは統合と保険 販売をもとに行われるからです。) • 同様のサービスであってオンライ ンカウンセリングと組み合わさって いるPing An Health Cloud(保険大 手のPing Anの傘下)は、中国にいる 77М人の顧客にサービスを提供し、 企業価値が$3Bで$500Mを誘致しま した。(カウンセリングの件数は、 一日当り250К件です。) • オンラインサービスの展開は、cyber securityやこちらのサービスをサ ポートする企業の展開にもつながり ます(例:Slice labsはUber、Airbnb の損害保険)。 V. ニッチ分野

1. mPOS企業は、POS- management systemsと tablet-based cash-registers の分野において、将来 に必ず合併するほど近 い分野であるのに、好 結果につながる解決策 を考え出せない理由は 分かりません。

• SquareやmPOS分野のその他の 大企業にとって幸いなことに、こ の種のスタートアップの投資の数 値 (例:E la Carteは、1700店のレ ストランに自社のPresto Tabletsを 85000台販売し、そのPresto Smart Dining Systemが一年間で処理した 取引件数は$600Mであると発表し た)及び規模(例:新規の$30Mは Toastへ)はまだ大きくありません が、商品や成績は、大企業に比べ て、ずっと好調で、独自のものの構 築を試みるより、これらのスタート アップ企業を吸収することはより 合理的でプラグマチックに見えま す。このようなプロジェクトの多く は、米国のものだけでなく(そのな かでは中規模企業になったものが多 い)、Mobikon、Moka、StoreHub、Tableapp、TabSquare、Zomato Base、TableHero、iChefのようなア ジアのものも多いです(アジアのも のは全てまだ小規模企業)。 • Poyntの将来は疑問が多く沸いて きます。このプロジェクトは、マス コミやMoney2020のような学会で大 きな話題になり、立ち上げられる前 の前注文件数が50万件に達しました が米国内においては、認証取得の問 題があってまだ立ち上げられておら ず、ブラジル国内においても何の成 績もまだ発表されていません。

2. 慈善事業の新バージ ョンであるCrowdfunding は、ただ働きを止めた ら、大規模の企業に変 わります。 • これを背景にしたIndieGoGoの開 発分野への進出は興味を引きます。 このプラットフォームは、開発者向 けのプロモサイトを作成する企業、 プロトタイプの作成時に協力してく れるmaker places、将来にこちら の全ての商品が生産できる中国とイ ンド国内の工場や製造所、販売に役 立つ流通ネットワークと物流企業と 徐々に統合しています。ロボット 製作、3Dプリントや開発者にとっ ての新しい可能性の急激な展開が、 デバイスから家具や衣類まで、何も かもを製造する新しい企業の非集権 的な設立につながることは確かであ り、IndieGoGoは これらの人たちに 創作にだけ集中する可能性を与え、 その他の手配などを全て担当してく れます。その他の分野は、大手企業 が試作品テストや見込み需要の把握 のためにこのようなプラットフォー ムを使うという企業向けのクラウド ファンディングです。 • またIndieGoGoはクラウドインベ ストメントの方向に展開しようとし ています。そうすることによって、 ユーザーがグループを作って将来に 登場する新しい技術商品が購入でき るようになるだけでなく、こちらの 企業への投資も可能となります。

3. Personal Financial Management (PFM) は独立した分野として、数少ない MintとLearnVestのような企業を持 って展開しています。このサービス 自体は、モバイル銀行(Moven)、 オンライントレーディング(BettermentとWealthfront)、オンライン 融資(Affirm)など、様々な分野で 活用されています。 • LearnVestが売却されて以来、 この分野において新星が見られま せん。Digitは$22,5Mを集め(全 $36M)、Pennyは$1,2Mを誘致 し、シンガポールではSeedlyと MoneySmartが展開され、日本では MoneyTreeが急成長しています。ス イスのQapitalは米国に転居してから 活動が再び活発化しました。昨年末 には新しい投資を集め、しばらく前 に自社のAndoroidアプリケーション をリリースしたのです。 • Wish-listsはPFM分野を支援する非 常に重要なサービスとなります。例 えば、Wishサービスはしばらく前に $600Mを集めました。ゲーミフィケ ーションの論理とEコマースとtravel との統合(金融サービスとだけでは なく)はより多くの顧客を容易に誘 致するのに役に立ちます。 4. Price-comparison and broker-model sites は、活発に発展し、ラウンドを集め る企業があっても、徐々に衰退して いくモデルです。先ずは、これはフ ィンテックではなく、広告市場の問 題を全て抱えているadtech であるか らです。そして、このようなサービ

スは、市場に今までと根本的に違う 商品を提案する新プレヤが溢れるま で人気があり、2-3年の間で急に成 長し、その後は同じく急に衰退しま す。これは数カ国の事例で観察した ものです。 5. 前にも既に何回か言 及しましたが、Fintech for SMEsは、過小評価さ れた分野です。 オンライン銀行(HolviとAnna) 、payroll (ZenefitsとGusto) 、accounting (Xero)、Eインボイ ス(Tradeshift)などは、偉大な潜 在力を持っていますが、プロジェク トはまだ少ないです。しかし、その うちunicornsとなって、「急激な成 長の問題」を抱えているものもあり ます。

6. 技術と銀行という二 つの分野が従来より持 っているイメージは、 極めて男性的です。 ここではフィンテックがダブルパン チを受けます。一年前に米国でスタ ートしたFemTech&Diversity運動は 良い結果をたくさん見せています。 僕自身は、より多くの女性に、基金 のパートナー、CEOやフィンテック スタートアップの共同創業者や従業 員になってほしいです。

VII. Banks in fintech 及びFintech hubs: dances with drums • イノベーション・ラボラトリは数 多く存在しますが、それに対する投 資が少ないです。僕は世界各国地 で銀行家と会ってきましたが、フィ ンテックに投資したいと思ってい るどの銀行家でも、会ってすぐに次 のことを言います(このような銀行 家は、幸いなことに、少ないです) 。「我々は、現にやっているビジネ スにとって相乗効果を生むフィンテ ックスタートアップにだけ投資した い」というのです。言い換えて見る と、「石油の高価格と弊社のビジネ スを支援する代替エネルギーにのみ 投資したい」というのに等しいで す。はい、OKです。モバイル銀行 Simpleと、銀行の窓口に直接来て契 約書を署名する形でしか開設できな い世界最良のモバイル銀行の差が大 きいです。クリステンセンは「イノ ベーションのジレンマ」の中で、そ して、大成功を遂げる大手企業へ引 き続き投資をする能力をどのように 育てるかについて言及しているその 他の研究者(例:Leander Kahney が書いたAppleについての「Jony Ive」を読んでみてください)は、次 のことを主張しています。先ずは、 あなたにとって新しいビジネスをや っている従業員、その営業所とKPIs をあなたの本業から切り離してくだ さい。次は、今までのビジネスから 新規のビジネスに(統合可能なもの を)統合してください。逆はだめで す。

• 銀行が最近作った新しいアクセレ レーターやハッカソンは、以前のも のが輝いている新星を一つも生むこ とができず、取引や次のラウンドに つながらなかったから、ここでは列 挙しません。 • 上述のように、世界の多くの国に おいて、BaaSプラットフォームがな く、銀行には公開されているAPIsが ないから、その国におけるフィンテ ックスタートアップの創設、立ち上 げと拡大は制限されています。アジ ア、アフリカと近東のスタートアッ プが資金の80%、そして最低で1年を 立ち上げに費やさないといけない( 顧客誘致と発展に費やす代わり)と いうインフラの欠落部分を考えて、 ドイツのFidor BankはドバイでFidor Techの支店を開設し、まもなくBaaS プラットフォームFidor OSを展開す るシンガポールでも開設します。

• 世界各国地にあるフィンテックハ ブも同様です。それらを創設してい るものは、実は、「フィンテックス タートアップ」の弁護士ではなく、 「古典的な銀行の弁護士」です。そ れらのKPIsは、フィンテックスター トアップをより多く創設し、より早 く成功させるのではなく、 現存す る銀行の安全性と成功の妨げになら ないようにすることにあります。た だ、スタートアップを創設するの も、(歴史的に見ても)それに投資 をするのも、銀行ではありません。 ですから、スタートアップは、それ らのdigital revolutionを制御可能な ものとし、大手企業の邪魔にならな いようにするという様々な制限がか けられます。発行される記事数、開 催されるハッカソン、アクセレレー ターやボーナスを除外すると、実際 の成果を見せたのはイギリスと(歴

Comments are closed.