MENU

Comments Off on ブロックチェーン・ アズ・ア・サービス (BAAS)・プラットフォ ーム及びオープン・アプ リケーション・プログラ ミング・インターフェー ス(API) Analytics, Fintech news, Hotnews, InspirAsia

ブロックチェーン・ アズ・ア・サービス (BAAS)・プラットフォ ーム及びオープン・アプ リケーション・プログラ ミング・インターフェー ス(API)

By Life.SREDA

アプリケーション・プログラミ ング・インターフェース(API) は、Microsoft Windowsのように、 特定のプラットフォーム用に開発す るための方法として、何十年もソフ トウェア開発において重要な役目を 果たしています 。

Download Korean , Japanese or Chinese version of a Report

or  Download A Full English Version

さらに近年は、- SalesforceからFacebookやGoogle など新しいプラットフォームプロバ イダが、開発者を支援し、実際にプ ラットフォーム上での開発者の依存 性を生み出すAPIを提供しています。 新しいタイプのサードパーティのAPI は、開発者をロックインの状態から 特定のプラットフォームへ自由に し、マーケットに自身のアプリでよ り効率的な取り入れを可能にする機 能を提供しています。 その結果、開 発者は専門家によって開発された完 全機能の分散プロセスをAPIを介した アクセスをで取り囲み、独自の機能 性に焦点を当てることができます。 開発者は、他の多くの企業がアプリ の組み込む必要がある機能を苦労し ても作っても、無駄になってしまう ことがあることを理解しています。 一から作り直すのに前のリソースを 使い果たすのではなく、より大きな プラットフォームからAPIを使うこと を学びました。 もう一つの利点とし て、サードパーティのAPIは、多くの 場合、フラットアウトが優れていま す。 内部で構築されたAPIよりもよ く機能し、柔軟性があります。 そし て、サード・パーティーAPIの開発者 はネットワーク効果を生み出す大規 模なデータセットにより多く、アク セスできます。 APIにより、開発者が製品化までの時 間を短縮して、次世代製品を作りあ げることができます。 銀行はAPIの 公開に非常に長い時間をかけていま す。 オープンAPIによって、役に立 つサービスや顧客が利用できるツー ルをサードパーティ開発者が作れる ようになります。 一部の銀行ではこ の取り組みを始めています。 しかし 厳密にいうと、今現在、銀行は一部 のスタートアップや密な協力関係に ある企業だけに銀行のAPIを公開す ることを検討しているだけです。 簡 単に言えば、完全オープンで完全セ ルフサービスのStripeやFacebookの APIとは違うのです 。 銀行がスポン サーするスタートアップコンテスト や促進はどうでしょうか。 また、銀 行やその他関連モデルのシリコンバ レーやロンドンのスタートアップは どうでしょうか。 今やパートナーに 新しいスタートアップに絞り込み、 スタートアップと統合および/または アプリに使用可能な銀行取引のAPIを 作らなければなりません。 このよう な規模では、導入に何年もかかって しまうことがあります。 APIを可能 にした企業をご紹介します。 これは ほんの一部リストです。 http://letstalkpayments.com/ wp-content/uploads/2016/05/1-36. png なぜ銀行は99%の割合でFintechのス タートアップで直接できないのでし ょうか? グローバル・バンキング大 手HSBCは、顧客をオンライン銀行口 座や他のサービスにアクセス不可に してしまった技術的な問題が断続的 にあった主要な銀行の一つです。 バ ンク・オブ・アメリカ、オーストラ リア・コモンウェルス銀行、ANZ銀 行、ロイヤルバンク・オブ・スコッ トランドとナットウェスト(ナショ ナル・ウエストミンスター銀行)も 同様の問題がありました。 そして、専門用語では「停止」とい うこれらのITシステムの障害 は、従 来のバンキングへの信頼を損ない、 簡単なスタートアップからの競争を より厳しくさせます。 問題は、古いメインフレームコンピ ューターが、グローバルな銀行業界

の主力であり、今までの何十年もの 間私たちの取引を管理し続けている ことにあります。 遅いですが、信頼 性があります。 でも時代は変わりま した。 今、モバイルやオンラインの 時代です。 リアルタイムトランザク ションや24時間対応の金融サービス が求められています。 古くさくて 遅いバックオフィスのシステムに、 時代の変化に対応できるように設計 された新しいコンピューターシステ ムやプログラミング言語は合いませ ん。 長年にわたってITのネットワー ク構造が、この新しい世界に対応す る銀行の能力を少しずつ革新してき ました。 「買収によって成長して きた銀行グループのほとんどは、自 分のシステムを完全に統合していな い」とアクセンチュアは述べていま す。 「銀行が一定の規模を超えると、コ ア技術の変更もリスクが高くなりま す。そのネットワーク構造上に 通 信機能の層を作り上げていくため、 より複雑になります。」「銀行がコ アとなる会計プラットフォームの変 更を要する場合に、アップグレード に何年もかかることがあります。」 多額の費用がかかります。 テクノ ロジー・コンサルタント会社のガー トナーのリサーチ副社長のアリステ ア・

ニュートンは、下記のように述 べています。 「これらのレガシーシ ステムは大手銀行に規模と安定性を もたらしましたが、今の時代は柔軟 性とスピードが必要です。 アトム銀 行や設立したばかりのモンドのよう なアプリ専用銀行は、古くさい技術 にとらわれることなく、「自撮りに よる認証」やビデオチャットの顧客 サービスのような時代にあった機能 を兼ね備え、スマートフォン世代に あった対応が早く機敏なシステムを 作り上げています。 ベルリン拠点におくフィンテックに 特化したドイツ流の起業支援FinLeap は、第三世界最大の再保険会社のハ ノーバーリを含む保険業界からの機 関投資家と一緒に、元々の投資家 HitFoxグループからの新たに2100万 ユーロの資金を集めました。

これに より、FinLeapの投資後の企業価値は 1億2100万ユーロ (1億ユーロの投資 前の企業価値に基づく)になりまし た。 「過去20ヶ月の間にだいたい50 万から500万ユーロぐらい投資し、 新しい企業9社を設立しました。」と FinLeap共同創設者およびマネージ ングディレクターのラミン・ニルマ ンド氏は声明で述べています。 「一 番はじめに設立された会社は今年利 益が出そうで、これからのヨーロッ パ金融市場のデジタル化を推進する 上で重要なや役目を果たすであろう と、期待しています。」 HitFoxグル ープの最高経営責任者(CEO)であ り、FinLeapの会長でもあるヤン・ベ ッカー氏は、solarisBankの立ち上げ 成功について話ました。 同行は正式 な銀行ライセンスを持ちながらも銀 行機能をプラットフォームとして提 供しており、他のスタートアップも フィンテックのもうけ話にありつけ るようにすることを狙っています。 FinLeapが設立した新規事業は、投 資商品のマーケットのSavedo、アカ ウントの自動化切り替えキットを作 成したソフトウェア会社FinReach、 資産ベースの貸し手のValendo、オ ンライン債権回収のPair Finance、

そして不動産投資向けデジタルプラ ットフォームzinsbaustein.deと多 岐にわたります。 新たに設立された FinLeapの新規事業それぞれ500,000 ユーロから500万ユーロのシード投資 を受け、総合テクノロジープラット フォームで投資家および運用才能、 顧客のネットワークへのアクセスす ることができます。 FinLeapとポー トフォリオ新規事業で、合計250人以 上を採用しています。 ベルリンに本社を置く企業支援の FinLeapは、より多くのフィンテッ クサービスを提供するためにフルラ イセンスを取得したデジタルバンク のsolarisBankという形で、根本的な 規制や金融テクノロジーインフラス トラクチャの成長を確信し、投資し ています 。 新規事業の立ち上げで FinLeapが既存のバンキングライセン スとテクノロジーの必要性に直面し た苦い経験から、多様な金融サービ スを提供できるように、solarisBank はモジュラーベースのバンキング・ ツールキットをいろいろなモダンAPI として開発しました。 つまり、他の フィンテックの企業がそれぞれの顧 客にさまざまなサービスを次々と提 供できることになります。 アカウントと取引サービス、コンプ ライアンスと信託ソリューション、 運用資金の融資およびオンラインロ ーンなどです。 これらのサービスは テクノロジーソリューションだけで なく、バンキングや電子マネーのラ イセンスも必要です。

FinLeap会長 ヤン・ベッカーは「大手インターネ ット企業のほとんどは、自社製品の 範囲を拡大し、厳しい規制環境の中 でも提供できるデジタル・バンキン グ・ソリューションを求めていると 私たちは確信しています。」と述べ ています。 「当社のように数多くの 異なる種類の企業やビジネスモデル を持ち、パートナーとしてテクノロ ジープラットフォームを提供してい る銀行は他にないでしょう。」 煩わ しいことがなく、分かりやすいイン テグレーションにおり、solarisBank のパートナーは早く立ち上げ、自社 のコアビジネスに集中させることが できます。 「技術革新に焦点を当る のに加えて、当社のフルバンキング ライセンスはすべての規制要件を十 分か、それ以上に満たしています。 」 OCBC銀行(シンガポール)は、顧 客用の新しいアプリケーション を開 発するため、サードパーティの開発 者が簡単にデータにアクセスできる オープンアプリケーションプログラ ミングインターフェース

(API)プラ ットフォームを導入しました。 東南 アジアで初めて試みた銀行として、 ポイントとなる開発者のための4つ の基本的なAPIがあります: 支店の 所在地や営業時間を表示する支店検 索API。ATMの設置場所を表示する ATM検索API。OCBCクレジットカー ドを持つ人に対してどこでどんな特 典が利用できるかが分かるスマート カード・アドバイザーAPI。最新の 為替レートが分かる外国為替レート API(これは特にオンラインショッ プにとって便利)です。 年末までに さらにAPIを導入する予定で、APIは Connect2 OCBCウェブサイトで入手 できます。 テレフォニカドイツはフィドール銀 行と共同で、モバイルバンキングの 「O2バンキング」 を2016年夏の終 わりに開始します。 フィドール銀行

の最高経営責任者(CEO)であるマ ティアス・クローネは、このコラボ レーションは「2つのデジタル世界の ベストなサービス」を提供すると述 べています。 すなわち、モバイルア プリでのバンキングサービズとO2携 帯契約からのその他サービスです。 フィドール銀行によれば、O2の銀 行口座を開設に「たった数分」だけ で、それもすべてのオンライン完了 できます。 身元確認はスマートフォ ンを使ったビデオリンクでします。 送金するには、顧客はアドレス帳か ら相手の携帯電話番号を入力する必 要があります。 銀行によれば、O2 バンキングのセキュリティ基準は、 現在もある「通常」のアカウントと 同じです。 O2バンキングのMasterCardは、アプリを使っていつでも直 接利用したり、利用停止ができ、ま た手元にカードがなくても、オンラ インショッピングでカードの詳細は 表示ができます。 ファイナンシャ ル・プランニング・ツールは、顧客 に支出の概要を示したり、要望に応 じて、アプリのプッシュメッセージ をスマートフォンに送って、取引や イベントをリアルタイムでお知らせ することができます。 アプリを使っ て、小額の消費ローンが直接利用で きるようになります。 フィドール のテクノロジーは、「フィドールオ ペレーティングシステム」(FOS) と呼ばれる独自のクラウドベースの インフラストラクチャ上で行われて います。

FOSは、ウェブやモバイル アプリで顧客と直接コミュニケーシ ョンする通信プラットフォーム、デ ータ分析、カスタマー・ロイヤルテ ィ・プログラム、予測モデル、決済 ソリューション、バンキング、コミ ュニティ・ソリューション、コンテ ンツ管理システムなどを含んだモジ ュラープログラムです。 革新的なドイツの銀行フィドールは アジア、アフリカ、中東の企業向け サービス拡大の拠点として、ドバイ に事務所を開きました 。 2009年に ドイツで設立され、ミュンヘン拠点 のフィドールは、事業の構築にあら ゆるソーシャルメディア、クラウド ファンディングおよびP2P金融テク ノロジーやデジタル通貨サービスを 利用し、今までにはないイノベータ ーとして欧州銀行界で実績を示して います。

中国のモバイルペイメントプラット フォームによる株式25%取得を目に し、ワイヤーカードAGはアリペイ・ イングリッシュと交渉中です。 報告 によると 、近いうちに契約が結ば れる方向で、両社が機密に議論され ているとのことです。 ワイヤーカ ード社は近年株価で市場で下落を見 た中国企業アリペイと結ぶことによ って、より大きな出資獲得が得られ ると考えています。 アリババが裏 に控えるプラットフォームの主要株 主としての支援のもと、このドイツ 企業は自社の株価に対してショート ポジションを取る売り手による脅威 を避けることができると考えていま す。 ワイヤーカード株の25%取得を 通じ、アリペイ・イングリッシュは このドイツ企業のノウハウを利用で きるようになります。 また、こうし た契約により海外における成長に通 じる新たな機会を追うことが可能と なります。というのも、モバイル・ ペイメントは今後も金融分野で伸び ていくサービスだからです。 ワイヤ ーカードへの投資は、ミデアによる ロボットメーカー、クカの45億ユー ロ(60億6000万ドル)での買収に続 く、中国企業によるドイツへの最新 の投資案件となります。

Comments are closed.